ビジネススキル基礎

40代になっても急激に成長する社会人の3つの共通点

コミュトレ編集部

コミュトレには、男女問わず40代の学習者が数多く在籍しており、彼らと接していると2種類のタイプがいることに気づきます。

1.「急激に成長して、どんどん学習にはまる」タイプ
2.「変化はするけど、自分が望んでいるほどではないと感じる」タイプ

です。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料セミナーへ

今回は、コミュニケーション能力を上げていきたいという40代の方向けに

・40代とはそもそもどういった立場に置かれているのか
・コミュニケーションの学習において、急激に成長する人と伸び悩む40代の特徴は何か

を解説したいと思います。

 

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

 

「今さら変われるのか」と、半分諦めている40代

会社組織で働く40代の方とお話していると、よく伺う話があります。

「これまでは与えられた仕事をこなすだけでよかったが、もう年次的に課長代理や部長代理になってくれと言われて、やりたくもない管理職につかなければいけない」「今後は、個人プレーヤーではなく、人を巻き込んで仕事をしていかなければいけない」

 

このように、大きなプレッシャーにさらされ、嫌というほどコミュニケーションの重要性を痛感する一方で、

「これまで自分は人前で話すことがずっとコンプレックスだった。話せるようになるために、自分なりに本も読んで、自分なりに工夫してきた。けど、期待するほど変われなかった「いやな上司や同僚と日々接していて、衝突しないように気を遣いまくっていたら、すっかり疲れてしまった。コミュニケーションはもうとりたくない」

こんなふうに、コミュニケーションの課題に真正面から向き合うことに、少し抵抗感を感じる方が多くいらっしゃいます。

 

40代になるとコミュニケーション能力の重要性を痛感しますが、成長するための努力が結果にならないと、「変わる」ことに対して抵抗感を持つようになります。

 

もちろん彼らは、「もっと人生を良くしたいか」と言われたら、イエスと答えるでしょう。しかし、40代にもなると「成長にはそれ相応の対価が必要」という壁にぶちあたります。

 

たとえば、

これまで自分なりに努力してきたつもりだ。仕事も一生懸命やってきた。なのに、今コミュニケーションで苦労している。これまでの努力だって大変だったのに、変わるためにはそれを超えるレベルの努力をしないといけないのか

と感じる方が多いようです。

 

なので、お話をすると、かなり高い確率で、「こんな自分が、今さら変われるのか」「変わろうとすること自体がしんどい」という気持ちを吐露されます。

 

もちろん、上記のような悩みが世の中すべての40代に当てはまるわけではありません。とはいえ、今のコミュトレには、上記のような悩みを抱える40代の方が多くいらっしゃいます。

 

このような課題から出発した学習者を観察していくと、「急激に成長する方」にはある共通した特徴があることに気づきました。以下、見ていきましょう。

 

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

 

40代になっても”急激に成長する”社会人の特徴

【特徴1】バカバカしいほど当たり前に思える小さなノウハウを実践している

人間関係で悩んでいる40代は少なくありません。特に、対上司との関係性は、業界問わず多くの方が頭を悩ませるものでしょう。

 

その解決策として、たとえば

上司が話しかけてきたら、デスクトップではなく上司の目を見て、手を止めて聴く

こういわれたらどうでしょうか。

 

成長が伸び悩んでいる40代の方は、

「え、そんなことわかってますよ。もっと、今の悩みに直結するような内容を知りたいんですが」

と、大体こんな感じのリアクションをされます。

 

反対に、急激に伸びる方はこういう捉え方をします。
「あ~、確かに当たり前だけど、これまでの自分はちゃんとやれていなかったかもしれない。ちょっとやってみよう!」

 

ある40代前半の女性は、「上司が嫌すぎて会話もしたくない、会話は必要最低限で済ませたい」というお悩みをお持ちでしたが、

先に紹介した「手を止めて目を見ながら聴く」に加えて、「口角を上げる」など自分ができる小さなことからちょっとずつ実践したところ、上司の反応が面白いくらい変わったとお話されていました。

 

このように、バカバカしいくらい小さなノウハウから始めると、簡単に成功経験を積めるので、だんだん「やればできるかも」「もっと頑張ろう」とモチベーションが上がっていきます。

成長する40代は、他社からのアドバイスや解決策に対して「前向きに行動」し、成長しない40代は「批判的で、素直ではない」考え方をします。

 

40代になると、20代のころのような「将来こうなりたい!」という壮大な夢や、未来に対するワクワク感によって駆り立てられる人は少なくなっていきます。

 

長いキャリアを通じて自分自身の限界値が見え始めたことで、この先自分は変化についていけるのか、どうなっていくのかという「目に見えない危機感」で動く方が大半です。

 

だからこそ、最初はバカバカしいほど小さな行動をとり、小さな成功経験を積むことが大切です。
「あ、こんなことで変われるんだ。だったらもっと出来るかもしれない」という
足元に対する小さな希望をもてた人は、行動量が圧倒的に増えていくので、急激に伸びていく傾向にあります。

 

関連記事

🌻 「なにか行動を変えてみたいけど、何から変えたら良いんだろう?」という時は、現状分析から始めてみませんか?

今までのコミュニケーションの取り方が通用しなくなってきたら、対応法を切り分けて考えよう

 

【特徴2】人に対する「心の姿勢」を変えるところから始めている

コミュニケーションのとり方を変えようと思ったとき、一般的には「結論ファーストで話す」「理由を3つ述べる」といったような「テクニック」に目を奪われがちです。

 

しかし、急激に成長される方は、テクニック以前の「人と向き合う姿勢」から変えようとしていることがほとんどです。

 

メーカーに勤務しているある40代の男性は、
「自社工場で働くパートさんと関係がとれておらず、こちらの指示内容がたびたび自分の意図とは違う解釈をされて、言った言わないの衝突が頻発していた」という課題でお越しになりました。

 

学習を始めて1か月も経過しないうちに、
「最近、パートさんが話をよく聞いてくれるようになったんです」と笑顔で成果報告をくださるようになりました。

 

一体何をされたんですか、と聞いてみると

「特別なことはしていませんが、for you(相手の立場に立つ)の考え方を改めて知って、これまで自分は、パートさんに対する挨拶すらも最低限で済ませるくらい、彼女たちをないがしろにしていることに気づいたんです。」「なのでそれ以来、彼女らに積極的に関心をもって気にかけるようにしました。夜退社するときも、パートさんのところまで行って挨拶したり、こないだお子さんが風邪引いたって言ってましたけど大丈夫でしたか、と話しかけてみたり。そうしてみると、パートさんのかたい表情がちょっとずほころんできたんです」「だから今では、向こうから話しかけてくれるようになり、会話の中でちょっと笑いあうことも増えてきました

と答えていました。

このように、テクニックに翻弄されることなく、真っ先に「人に向き合う心の姿勢を変えよう」としている人は、高い確率で急激な変化を感じています。

成長する40代は、小手先のテクニックに頼るのではなく、人と向き合う姿勢を変えようと行動します。

 

コミュニケーションのテクニックは世の中に、星の数ほど溢れています。
なんとか自分を変えたくて手を出してみたものの、どれももっともらしく語っているようで、どれもなんとなく自分には合わない。

そんな経験を繰り返すうちに、「頭では分かっているけど、気持ちがついていけない」といったように、いつの間にか動き出すことさえ億劫になってしまいます。

 

だからこそ、安易にテクニックに頼らず、まずは姿勢を変えていくことが変化の近道となります。

 

関連記事

🌻 「心の姿勢」について、詳しく知りたい方は、こちらもどうぞ!

一生使える!職場の人間関係を良好にする3つの姿勢

 

関連記事

🌻 「自分を変えるのって難しい」「どうしたら変われるんだろう」という方は、以下の記事をヒントにしてみてください

【脱・ネガティブ思考】前向きになりたい人が実践すべき、たった1つの習慣とは

 

【特徴3】学習仲間をつくっている

急激な成長を遂げる40代の学習者の多くは、学習仲間をつくっています。これはコミュニケーション能力に限らず、わりと何に対しても言えることですが、1人で孤独に頑張ると、どこかで心折れてしまうことがあります。

 

逆に、自分と一緒に頑張る仲間がいると継続しやすい、というのは多くの方が経験的に知っていると思います。

 

コミュニケーションの学習もまさにそうで、

・自分と同じ境遇の人に悩みを吐き出せる
・疑問や不安が生じたときに、即座に相談できる
・自分と同じ境遇の人が前向きに頑張って、良い変化を感じている
・自分の成長を一緒に喜んでくれる

という環境があるかどうかは、モチベーション維持を決定的に左右するといっても過言ではないくらい、かなり大きい因子の1つです。

 

関連記事

🌻 学習仲間ってどうやって作るの?イメージが湧かない? そんな方は、こちらをご覧ください!

【自信がつく!】能力を自然と高める環境「コミュニティ」のススメ

 

40代の社会人が学習仲間を作るメリットには「同じ境遇の人に悩みを言える」「疑問や不安を即座に相談できる」「周囲の良い影響を受ける」「自分の成長を一緒に喜んでもらえる」などがあります。

 

コミュニケーションの学習に伸び悩む40代の方は、どちらかというと1人で真面目に頑張り続けようとする傾向が強く見受けられます。

 

もちろん、頑張り続けること自体は決して悪いことではないのですが、問題なのは「本当は助けて欲しいのに、周囲にサインを出せず、気づいたら時間切れになっている」パターンです。人に聞けばすぐ解決できたかもしれないのに、聞かずに放置した結果、損することになったら大変もったいないですよね。

 

あのアインシュタインですらも「我々は、問題を創り出したときと同じ考え方で問題を解くことはできない」という言葉を残しているくらいですので、コミュニケーション上の悩みは、今の自分以外から解決策のヒントをとってきたほうが遥かに早く解決できるのは間違いありません。

 

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

 

人は、何歳からでも変われる

人は「変わりたい!」という強い気持ちがある一方で、「今さら大きく変わることはできない」と、半ばあきらめモードに入っていることがあります。

 

しかし、最初はそうだったとしても、その後の行動を正しく変えることで急激に成長を実感される方は数多くいらっしゃいます。まとめると、急激に成長される方は、この3つの特徴を押さえていることがほとんどです。

<急激に成長する人の3つの特徴>
1.バカバカしいほど当たり前に思える小さなノウハウを実践する
2.人に対する「心の姿勢」を変えるところから始めている
3.学習仲間をつくっている

 

これらは、実はなんら難しいことではありません。
しかし、自分を成長させる方法を体系的に教わる機会が少ないため、今回お伝えした内容は、人によっては盲点になりがちなものといえるでしょう。

成長する40代の特徴には「当たり前に思えるノウハウを自薦する」「人に対する心の姿勢から変えている」「一緒に学習する仲間がいる」があります。

人は何歳からでも変われます。

 

是非、「急激に成長する人の3つの特徴」を踏まえた正しい努力を行って、理想の自分に近づきましょう!

 

関連記事

🌻 なんだか最近仕事がつまらない?マンネリ化? そんな方には、こちらの記事がオススメです

中堅社員の「最近、やりがいを感じない…」はビジネスコミュニケーション能力で脱却できる

 

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

 


コミュトレ無料診断&アドバイス

現在、1日先着50名限定で、

伝える力の高め方

を開催しております。

好評のため、予約枠が埋まる可能性がございますので、ご興味のある方は、お早めにお申込みください。

無料セミナーに参加する

コミュトレは、ビジネスパーソン10万人のデータから仕事に必要な「スキル」を特定し、リアルなビジネスシーンを想定したトレーニングを行う【実践型ビジネススキルスクール】。全17種類ものコースがあり、新入社員から経営者まで、一人ひとりの「理想とする成長」にあわせて学習プランを提供。東京・大阪・名古屋に拠点を置き、講義はすべてオンラインで行っている。

1967年 東京都出身。 東京工科大学機械制御工学科在学中に、輸入商社のスタートアップに参加。 1996年 株式会社コミュニティネット入社。営業所長として、PCソフト及びBTOパソコンの販売、ISP、IP電話代理店など、新規事業を立ち上げる。 1999年 「日本を元気にする会社を創りたい」と株式会社アイソルートを設立(eラーニング製品の開発)。専務取締役として営業、開発、財務の各責任者を歴任。 2004年 同社代表取締役に就任。以降19年間連続黒字と最高売上高更新中。 2007年 新宿区優良企業表彰「経営革新賞」受賞。 2012年 日経トップリーダー「本当に強い中小企業ランキング」全国総合14位、IT業界2位に選出。 2024年 ダイヤモンド社から書籍『話せる、伝わる、結果が出る!コミュトレ』を発売し、紀伊國屋書店ビジネス書第1位、Amazonセールス営業本第1位を獲得。

カテゴリー: ビジネススキル基礎
相互リンクのご依頼

当メディアでは、相互リンクのご依頼を受け付けております。

相互リンクは、記事同士の内容に関連があれば関連記事からの発リンク、そうでない場合はメディア紹介ページからの発リンクなどが可能です。

※ご提案の内容次第では、お断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

広報窓口お問い合わせフォームへ
OFFICIAL SNS
無料セミナーを予約する