簡単5秒! まずは資料をダウンロード
ビジネススキル基礎

聞き返されるストレスに悩まされる原因10選

コミュトレ編集部

「えっ?何?」「何言ってるの?」

会話中に、人から聞き返された経験はありませんか?

 

そのたびに、「ああ、また通じてないのか…」と肩を落としたことはないでしょうか?

これがまさに「聞き返されるときのストレス」です。

 

なぜ聞き返されることがストレスにつながるのでしょうか。それは、自分の意思が相手に正しく伝わっていないことで、相手が理解できなかった責任が自分にあるように感じるからです。

聞き返されることが頻発すると、次に聞き返されることへの恐怖や緊張感が増していき、結果として「話すのが怖い、辛い」となります。

 

このように、聞き返されるストレスは、会話のスムーズさだけでなく、私たちの自信や自尊心にも大きな影響を及ぼします。

 

この問題を解決するために、まず何が原因で聞き返されてしまうのか、理解を深めていきましょう。また、後半ではおすすめの解決策も3つご紹介していますので、参考にしてください。

実社会で活きる伝えるチカラを

コミュトレは、人間心理と教育工学に基づく実践形式のビジネススキルスクールです。 無料診断セミナーでは、診断結果に基づいて、現状に対しての課題と解決策をお話しします。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断セミナーへ

 

お役立ち資料ダウンロード
職業別に求められる コミュニケーション能力

1. 聞き返されるストレスに悩まされる原因10選

原因1: 話し方が早口である

慌ただしい日常、あるいはプレッシャーを感じている状況では、つい話すスピードが速くなってしまうことがありますよね。

 

それが原因で、「もう一度、ゆっくりと話してくれますか?」と言われた経験はありませんか?

 

この状況が頻繁になると、あなたが早口であることが「聞き返されるストレス」の原因の一つであることを意識するようになるかもしれません。

 

早口が問題となる理由は主に二つあります。

 

一つは、あなたの話す速度が聞き手の理解速度を超えてしまうことで、情報の伝達が不十分になってしまうこと。

 

もう一つは、早口によってあなたの話す内容が不明確になり、意味をつかみにくくなってしまうことです。

 

具体的には、あなたが重要な商談中に新商品の特徴を説明する際、その説明が早口であると相手は全てを理解することが難しくなります。

 

特に技術的な説明や数字を伴う情報などは、ゆっくりと時間をかけて説明することが必要です。

 

早口は、自己表現を阻害し、結果として聞き返される原因となります。

 

しかし、自覚すれば改善することが可能です。早口を改善することで、聞き返されるストレスを軽減し、より効果的なコミュニケーションを取ることができます。

 

原因2: 伝える情報の整理不足

あなたが何かを説明しようとしたとき、その内容が「頭の中で完全に整理できていない」ことはありませんか?

 

自分が伝えたいと思っていることが言葉にならず、結果的に相手に混乱を与えてしまうことがあります。これが、伝える情報の整理不足によるストレスの原因となります。

 

自分の伝えたいことが相手に明確に伝わらないと、相手は理解するために詳細を尋ねるか、あるいはあなたの説明を間違って解釈する可能性があります。これが「聞き返される」事態を生む一因です。つまり、伝えるべき情報が不明瞭であると、相手からの聞き返しを引き起こしやすいのです。

 

具体的な例で考えてみましょう。あなたがITソリューションの提案をクライアントに伝える場合、そのソリューションの具体的な機能やメリット、効果を説明する際、自分の中で完全に理解・整理できていなければ、伝えるべき内容が曖昧になります。それが原因で、クライアントからの質問が増え、「もっと具体的に説明してください」などと何度も聞き返される結果を招くかもしれません。

 

結論として、伝えるべき情報を明確に整理し、それを具体的かつ分かりやすく伝えることが重要です。それによって、「聞き返される」ストレスを軽減することができます。

 

原因3: 言葉選びと表現の問題

次に、あなたの口から出る「言葉選び」と「表現」について考えてみましょう。

 

その瞬間瞬間で選ぶ言葉や表現方法が、あなたが伝えたいことが相手に正しく伝わるかどうかを左右します。そして、それが「聞き返される」ストレスの一因となるのです。

 

具体的には、難解な専門用語を頻繁に用いる、言葉の意味を曖昧にするような表現を多用する、自己解釈に基づく独自の言葉を使う等、これらは相手が理解するのを困難にします。理解できないという不安から、相手は確認のために何度も聞き返す可能性があります。

 

例えば、ITソリューションの提案をする際に、具体的なシナリオや例を出さずに、「サーバーのパフォーマンスが大幅に向上します」というような抽象的な表現を使った場合、具体的にどのようにパフォーマンスが向上するのか、どれくらいの効果があるのか理解できず、相手から詳細を尋ねられる可能性が高まります。

 

結論として、あなたが伝えたい情報を相手に分かりやすく伝えるためには、状況や相手に応じた適切な言葉選びと表現方法が求められます。具体的で、わかりやすい言葉を選び、情報を明確に表現することで、「聞き返される」ストレスを軽減できるでしょう。

 

原因4: リスニング力不足

伝える側だけでなく、”聞く”側のスキルもコミュニケーションの成功には重要な要素です。

 

つまり、あなた自身のリスニング力が不足していると、それがコミュニケーション障害となり、「聞き返される」ストレスを引き起こす可能性があります。

 

リスニング力が不足していると、相手の話の本質やニュアンスを理解できず、あなたが返答する際にその不明確さが反映され、結果として相手に再確認を求められるケースがあります。

 

例えば、顧客から提案に対する質問を受けたとき、質問の本質を理解することができずに表面的な回答をした結果、さらに質問を深堀りされ、結果として同じことを何度も聞かれる…こんな経験はありませんか?

 

結論として、リスニング力を高めることで、相手の言葉をより正確に理解し、それに対する適切な回答をすることができます。これにより、相手から同じことを何度も聞き返されることが減少し、ストレスも軽減されるでしょう。

 

原因5: ノンバーバルコミュニケーションの無視

人間のコミュニケーションの大部分は、言葉以外の方法で行われます。

 

体言語、表情、声の調子、視線の方向など、いわゆる「ノンバーバルコミュニケーション」が大いに関与しています。

 

これらを無視すると、あなたの伝えたいことが正しく相手に伝わらず、「聞き返される」ストレスにつながる可能性があります。

 

例えば、プレゼンテーション中に強調したいポイントがあるとします。しかし、そのポイントに対して体言語や声の調子を使って強調を示さなかった場合、リスナーはあなたが伝えたい重要な情報を見逃すかもしれません。

 

結果として、後でその点を確認するためにリスナーから質問が出ることになるでしょう。

 

「あなたの言葉だけがあなたを表現するわけではない」ことを理解することが重要です。

 

ノンバーバルコミュニケーションを意識し、それを使って自分のメッセージを補強することで、聞き返されることを減らし、結果的にストレスも軽減することができます。

 

原因6: 情報過多

情報の洪水。誰もが経験したことがあるはずです。

 

膨大な情報を一度に伝えられた経験はありませんか?その結果、あなたの頭の中は混乱し、話す人から何を求められているのか理解するのが難しくなりましたよね。

 

これが、一度に大量の情報を伝えることが、相手から聞き返される原因になる例です。

 

例えば営業職におけるプレゼンテーションでは、自分の提案を相手に理解してもらうことが目標です。

 

しかし、一度に多くの情報を投げかけると、リスナーは重要なポイントを見失う可能性があります。相手が情報を理解するための時間や空間を与えられなければ、混乱や理解の誤解を招きます。

 

これを避けるためには、「一度に一つのポイントを伝える」ことが有効です。話す情報を絞り込み、最も重要なメッセージを強調することで、あなたの意図を的確に伝えることができます。

 

原因7: 疲労

長時間の作業、寝不足、ストレス。

 

これらは疲労の一因となり、思考力や会話の質を低下させます。

 

体調が万全でない時、それが思考やコミュニケーションに影響を与えることは誰しも経験があるでしょう。

 

体や心が疲労していると、情報を処理する能力が低下します。それは、会話中に明確なメッセージを伝えることも難しくなります。あなたの意図が伝わらないと、リスナーは疑問を抱くことが多くなり、結果として聞き返される頻度が増えます。

 

例えば、ある日あなたが重要なプレゼンテーションをする予定だとします。しかし、前夜に良く眠れず、疲労が溜まっています。その結果、言葉遣いが乱れ、本来伝えたいポイントを見失うかもしれません。これが、疲労が聞き返される原因になり得る具体的な例です。

 

原因8: 感情のコントロールができていない

自分自身の感情を適切にコントロールすることができないと、それはコミュニケーションに混乱をもたらす可能性があります。

 

それは特に、ネガティブな感情が上手く管理できないときに顕著です。

 

感情が激しく揺さぶられると、理性や論理が後退し、感情が先導することがよくあります。

 

その結果、コミュニケーションの中で目的を見失い、意図したメッセージが伝わらない場合があります。

 

それは、相手があなたの話す内容を理解するのに困難を感じ、再度確認を求める可能性が高まります。

 

具体的な例としては、あるテクニカルな問題をチームメンバーに説明する場面を想像してみてください。しかし、その日は上司とのトラブルや個人的な問題が頭を悩ませています。その影響で、本来ならスムーズに伝えられる内容も、感情が交じって理解しにくい説明になるかもしれません。結果、チームメンバーから何度も確認を求められる状況が生まれるのです。

 

原因9: 状況や環境の理解不足

話す内容を適切に伝えるためには、相手の状況や環境を理解することが重要です。

 

相手がどのような背景を持っているのか、その日の心理状態はどうか、また、それらが相手の理解度にどのように影響するのかを理解することで、適切な言葉選びや伝え方を選択できます。

 

具体的には、例えば相手がその日になって初めて業界について学んだ新入社員である場合、業界のジャーゴンを多用した話し方は避けるべきでしょう。

 

また、相手がその日に重要な会議に臨む前の緊張感からくる不安でいっぱいだった場合、それを踏まえた配慮深い伝え方が求められます。こうした状況や環境の理解が不足していると、相手はあなたが何を言っているのかを理解するのに苦労し、聞き返す必要を感じるでしょう。

 

原因10: 自己認識の不足

自己認識は自分自身の思考、感情、反応、そしてそれらが他人にどのように影響を与えるかを理解する能力のことを指します。

 

自己認識が不足していると、私たちはしばしば自分の発言や行動が他人にどのように影響を及ぼすかを適切に理解できず、結果としてコミュニケーションが円滑に行えない場合があります。

 

例えば、自分が話すスピードが早いことに自覚がないと、相手が追いつくことができず聞き返すことが多くなるかもしれません。あるいは、自分がどのように話をすると自分自身が理解しやすいかを理解していなければ、相手にも同じように伝えようとするため、相手が理解できない場合があります。

 

これらの問題はすべて、自己認識の不足から生じる可能性があります。

 

自分の強みと課題を把握しませんか?【まずは無料診断セミナーに参加する】

 

2.聞き返されるストレスを解消するための具体的な方法

コミュニケーションにおいて何度も聞き返されるという経験は、多くの人が一度は直面したことのある問題です。

 

しかし、具体的な手段を用いてこれらの問題を解決することで、ストレスを大幅に軽減することが可能です。次の具体策では、健康的な体を維持することから始め、実際に話し方を練習する環境を作り、スモールステップで成功経験を積んでいく方法をご紹介します。

 

具体策①:健康体を維持する

良好なコミュニケーションを実現するためには、第一に自身の健康を維持することが重要です。

 

体調が悪いと、思考や反応が遅くなり、それが話すスピードや表現力に影響を及ぼします。また、疲労が溜まると話す量や質が低下し、聞き返される原因になります。

 

適度な運動や食事、そして十分な休息は、健康体を保つための基本的な方法です。これらを続けることで、体調を優れた状態に保つことができます。

 

例えば、毎日30分間のウォーキングや、栄養バランスの良い食事、そして一日に7~8時間の睡眠をとると良いでしょう。

 

具体策②:失敗しても安心な環境で、話し方を練習する

皆さんは言葉を選んだり、意思をうまく伝えられるか不安に思った経験はありませんか?そのためには、自分が間違えても安心できる環境で話し方を練習することが重要です。

 

話し方を練習することで、自分のコミュニケーションスキルを向上させることができます。失敗から学び、修正し、それによって成長するためには、失敗を恐れず、また失敗を許容する環境が必要です。

 

具体的な例として、フレンドリーなグループやコミュニケーションスキルのトレーニングを提供する組織に参加することが挙げられます。

 

例えば、プレゼンテーションを学ぶコミュニティ「トーストマスターズクラブ」では、参加者がお互いにフィードバックを与え、成長し合うことができます。

 

また、仕事でつかえる話し方を学べる弊社コミュトレでは、10万人のデータをもとにした実践的カリキュラムを組んでいます。

週1回のトレーニングを繰り返すことによって、3か月で一生ものの話し方が学べると好評です。

実社会で活きる伝えるチカラを

コミュトレは、人間心理と教育工学に基づく実践形式のビジネススキルスクールです。 無料診断セミナーでは、診断結果に基づいて、現状に対しての課題と解決策をお話しします。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断セミナーへ

 

これにより、自分の意見を自由に表現し、新しいアイデアを試すことができ、安心感を持ってコミュニケーションスキルを向上させることが可能になります。

 

具体策③:スモールステップで練習し、着実に成功経験を積む

“小さな一歩でも前進だ”、という言葉を聞いたことはありますか?大きな成果を望むとき、その達成方法は一度に大きな跳躍をするのではなく、少しずつ確実に進むことです。

 

コミュニケーション能力も同様に、一度に大幅に改善するのではなく、一歩一歩、小さなステップを踏んで向上させるべきです。なぜなら、このアプローチが結果的に自信を生み、より多くの成功体験を積むことができるからです。

 

具体的には、会話の練習を始めるときには、簡単な日常会話から始めることができます。また、自分の意見を述べる練習をする際には、まずは一対一の状況で始めてみましょう。これらの小さな成功体験が積み重なることで、自己効力感が向上し、より難度の高いコミュニケーションに挑戦できるようになります。

 

3.まとめ:聞き返されるストレスは脱却できる!

いつでもどこでも、人々とのコミュニケーションは避けられないものですね。

 

しかし、自分の意図が正しく理解されないと感じ、聞き返されることが多いと、ストレスを感じることもあるでしょう。そこで、本記事ではその原因と解消策を探求しました。

 

会話がうまくいかない10の原因は、明確な目的の欠如、一方的なコミュニケーション、言葉の選び方、語彙力の不足、ノンバーバルコミュニケーションの無視、情報過多、疲労、感情のコントロール、状況や環境の理解不足、そして自己認識の不足でした。これらはどれも自分の意図を伝えるうえで影響を及ぼす要素です。

 

これらの問題を解決するための具体的な方法として、健康体を維持する、失敗しても安心な環境で話し方を練習する、そしてスモールステップで練習し、着実に成功経験を積むことが提案されました。これらはすべて、自己理解を深め、自信を持ってコミュニケーションを取ることを促します。

 

コミュニケーションは他者との関係性を深め、相互理解を増すための重要なツールです。そのためにも、聞き返されるストレスを解消し、自己表現を向上させることが不可欠です。これらのアドバイスを活用して、より効果的なコミュニケーションを目指しましょう!

 


コミュトレ無料診断&アドバイス
無料診断セミナーに申込む

5秒で簡単 コミュトレの資料をダウンロードする

コミュトレ独自のメソッド&トレーニング法を公開
知識のインプットと実践でのアウトプットを繰り返す!
実践形式のビジネススキルスクール|コミュトレ
資料をダウンロードする

コミュトレは、ビジネスパーソン10万人のデータから仕事に必要な「スキル」を特定し、リアルなビジネスシーンを想定したトレーニングを行う【実践型ビジネススキルスクール】。全17種類ものコースがあり、新入社員から経営者まで、一人ひとりの「理想とする成長」にあわせて学習プランを提供。東京・大阪・名古屋に拠点を置き、講義はすべてオンラインで行っている。

1967年 東京都出身。 東京工科大学機械制御工学科在学中に、輸入商社のスタートアップに参加。 1996年 株式会社コミュニティネット入社。営業所長として、PCソフト及びBTOパソコンの販売、ISP、IP電話代理店など、新規事業を立ち上げる。 1999年 「日本を元気にする会社を創りたい」と株式会社アイソルートを設立(eラーニング製品の開発)。専務取締役として営業、開発、財務の各責任者を歴任。 2004年 同社代表取締役に就任。以降19年間連続黒字と最高売上高更新中。 2007年 新宿区優良企業表彰「経営革新賞」受賞。 2012年 日経トップリーダー「本当に強い中小企業ランキング」全国総合14位、IT業界2位に選出。

カテゴリー: ビジネススキル基礎

相互リンクのご依頼

当メディアでは、相互リンクのご依頼を受け付けております。

相互リンクは、記事同士の内容に関連があれば関連記事からの発リンク、そうでない場合はメディア紹介ページからの発リンクなどが可能です。

※ご提案の内容次第では、お断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

広報窓口お問い合わせフォームへ

OFFICIAL SNS

お困りごとは
ありませんか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
「新・はたらき方戦略」があなたに届けたいことを、お伝えします。
知りたかった情報は得られましたか?
無料アドバイスへの参加・資料請求がお勧めです。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
無料診断&アドバイスを予約する