部下・チーム マネジメントで活用できるビジネススキル

エンジニアのマネジメントにおける役割とは? 必要な5つのスキルと効果的な学習方法

コミュトレ編集部

「エンジニアがマネジメントで必要なスキルとは?」

「エンジニアのマネジメントの仕事内容が知りたい」

このような疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

エンジニアのマネジメントは、現場への技術的なフォロー以外にも仕事の割り振りやスケジュール管理を行います。そのため、技術的スキルに加えて「マネジメント」「コミュニケーション」「課題解決」など多数のスキルが必要です。

本記事では、エンジニアのマネジメントの職務内容や、必要なスキルと効果的な身につけ方を紹介しています。

マネジメントやリーダーシップのポジションを考えるエンジニアの方や、現在マネージャーやチームリーダーを務めている方は、ぜひお読みください。

また、自身のマネジメントスキルの強み・弱みを把握しておくのもおすすめです。「コミュトレ」では、マネジメントスキルやコミュニケーションスキルの課題を把握できる、無料診断を行っています。

少しでも興味のある方は、ぜひ下記からお申し込みください。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料セミナーへ

エンジニアのマネジメント(EM)とは?

オフィスワーク

EMとは「Engineering Manager」の略称で、エンジニアのマネジメントを行う役職のことです。

2010年代の技術分野の急速な発展によって、エンジニアチームが大規模化したために、調整・管理する者が必要となり誕生しました。

企業によって求められる役割は違いますが、エンジニアチームの問題を解決し、プロジェクト成功に向けてリードする役割を担います。

さらに、エンジニアリングプロセスの改善など、技術分野の知識がなければできない仕事も請け負うのが特徴です。そのため、EMを目指す方には、技術の知識とマネジメント力を支えるビジネス知識・コミュニケーション能力が必要不可欠です。

エンジニアのマネジメントにおける3つの役割

会議

本章では、EMに大切な、エンジニアマネジメントの3つの役割を詳しく紹介します。

  • プロジェクトの進捗管理と報告
  • チームメンバーへの適切な指示とサポート
  • 技術負債問題の検討と改善

エンジニアのマネジメントを目指す方は、ぜひ把握しておきましょう。

プロジェクトの進捗管理と報告

エンジニアのマネジメントの役割として、プロジェクトの進捗管理と報告が挙げられます。

エンジニアチームのスケジュールを確認し、遅れている工程があれば人員の調整や今後の予定を組み直します。また、プロジェクト進行中には、経営層と現場チームとの間で認識に食い違いが起こるケースも多いです。

その際に、両者の意識をすり合わせ、双方の合意を得るのもエンジニアのマネジメントの役割です。エンジニアチーム限定の、プロジェクトマネージャーと考えるとわかりやすいでしょう。

チームメンバーへの適切な指示とサポート

チームメンバーへの適切な指示とサポートも、エンジニアのマネジメントの役割です。

以下は、業務の一例です。

  • 個人の技術力を把握した仕事の割り振り
  • 高性能な機材の導入
  • スキル向上のための補助
  • 管理者自身による作業の指導・フォロー

プロジェクトマネージャーとは異なり、技術者の視点が求められています。適切な指示・サポートの能力がなければ、メンバーの特性は無視され、作業のフォローも受けられません。

エンジニア個人とチームのパフォーマンスを最大化するためにも、エンジニアならではのマネジメントを身につけましょう。

技術負債問題の検討と改善

エンジニアのマネジメントの役割として、技術負債問題の検討と改善も挙げられます。

技術負債問題とは、省略可能で不必要なコードやバージョンが古いツール・言語などの、変更すべき開発環境のことです。IT化が進んだ現代で聞くことが増えました。

技術負債はプログラムのエラーや、従業員のモチベーション低下の原因になります。しかし、すべてを取り除くことは現実問題として難しいです。

この問題に対してエンジニアのマネジメントは、「どの程度受け入れ、どの程度解消するか」の答えを出さなければいけません。

 

自分の強みと課題を把握しませんか?【まずは無料診断セミナーに参加する】

 

エンジニアのマネジメントが求められる3つの理由

チームワーク

本章では、エンジニアのマネジメントが求められる3つの理由を紹介します。

  • 開発パフォーマンスが向上するため
  • 意思決定のスピードアップが期待できるため
  • 優秀なエンジニアの人材育成ができるため

自身の職場環境で、エンジニアのマネジメントがなにをすべきか考える参考にしてみてください。

開発パフォーマンスが向上するため

エンジニアのマネジメントが求められる理由は、開発パフォーマンスを向上させるためです。マネージャーの指示に従った方が、プロジェクトの成功率は高い傾向があります。

優れたマネージャーは情報を多方面から仕入れ、トラブルを未然に防げるためです。

そこに、技術への理解やスキルも加わると、エンジニア視点での情報収集もできます。そのため、スケジュールの円滑な進行や品質アップなど、開発パフォーマンス向上につながります。

意思決定のスピードアップが期待できるため

意思決定のスピードアップに期待できる点も、エンジニアのマネジメントが求められる理由です。技術・現場への理解度が高ければ、経営陣に対してエンジニア目線で正確に状況を報告できます。

そのため、経営陣も迅速に問題への対応を検討でき、意思決定までのスピードがアップします。

また、エンジニアがマネジメントを行っている場合は、要望や質問に対しての可否を自身で判断可能です。自部署・他部署からの問い合わせにスムーズに対応でき、組織全体のスピードアップが図れるでしょう。

優秀なエンジニアの人材育成ができるため

エンジニアのマネジメントが求められる理由には、優秀なエンジニアが育成できる点も挙げられます。技術者の視点があり、自ら作業フォローや技術的な指導ができるためです。

優秀なエンジニアの人材育成は、組織の開発力や課題解決力を向上させるメリットがあります。

職場のコミュニケーションが活発化し、スケジュールのスムーズな進捗や新しいアイデアの創出に期待できるでしょう。

自分の強みと課題を把握しませんか?【まずは無料診断セミナーに参加する】

エンジニアがマネジメントで必要な5つのスキル・能力

グループディスカッション

開発パフォーマンス向上や意思決定のスピードアップには、高いマネジメント能力が欠かせません。

本章では、エンジニアがマネジメントで必要な5つのスキル・能力を紹介します。

  • マネジメントスキル
  • コミュニケーションスキル
  • 情報整理による課題解決スキル
  • 説明・説得スキル
  • ストレスコントロールスキル

エンジニアリングマネージャーやチームリーダーを務めている方も、今一度確認してみてください。

マネジメントスキル

マネジメントスキルとは、プロジェクトやメンバーの管理を適切に行い、人・物・金を適切に運用する力です。管理者や経営者には、必須のスキルでもあります。

マネジメントスキルの不足は、スケジュールの遅延やメンバーのモチベーション低下、他部署との連携トラブルを招くため注意が必要です。

「目標を設定し伝える力」「状況を把握する力」「業務遂行に必要な技術力」を鍛えることで、エンジニアのマネジメントスキルは高まります。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルは、チーム内での目標共有や、信頼関係の構築に役立つ力です。

エンジニアのマネジメントにコミュニケーションスキルがあると、適切な報連相や悩み・不満の相談ができる環境を作れるでしょう。

反対に、コミュニケーションスキルが低いと、チームの不和や伝達トラブルの原因になります。

以下の対応を普段から心がけましょう。

  • 相手の話を否定せずに聞く
  • 雑談を行う
  • 正しい評価を行う

情報整理による課題解決スキル

情報整理による課題解決スキルは、トラブルへの迅速な対応に役立ちます。マネジメントを行う立場になると、プロジェクトのスタート前から多くの課題や問題に直面します。

その度に、多くの情報から原因を推測・調査し、対策しなければいけません。

情報整理による課題解決スキルが低いと、解決が遅れて損失が大きくなってしまいます。

鍛えるためには、日頃から原因の分析と解決方法を考える習慣づけが大切です。

説明・説得スキル

説明・説得スキルは、端的な言葉で正確に情報を伝えたり、新しい機材や教育を現場に取り入れたりするために役立ちます。

上司と接する機会の多い管理職には欠かせない能力です。説明・説得スキルが低いと、経営陣に間違った情報が伝わり、組織運営に悪影響が出る可能性もあります。

「PREP法や5W1Hの構成」「相手の知識・理解度を確認する」ことを意識して話すことで、説明力や説得力は鍛えられます。

ストレスコントロールスキル

ストレスコントロールスキルとは、ストレスの発生源に対応する力です。

高めることで、ストレスの原因を突き止めて自力で解消できたり、リフレッシュして気持ちを切り替えたりできるでしょう。

特に、エンジニアリングマネージャーは、現場の意見と経営陣の意見の板挟みになることが多いです。ストレスコントロール力の不足は、周囲との関係・自身の体調の悪化を招くでしょう。

エンジニアがマネジメントを目指す際は、マネジメント能力だけを鍛えるのではないことを覚えておいてください。

ストレスコントロールには、「ストレスの原因を見つける」「向き合い方を考える」「自身のリフレッシュ方法を見つける」ことの3つが大切です。

自分の強みと課題を把握しませんか?【まずは無料診断セミナーに参加する】

エンジニアがマネジメントスキルを高める3つの方法

電球

本章では、エンジニアがマネジメントスキルを高める3つの方法を紹介します。

  • セミナー・研修を受講する
  • マネジメントが学べる本を読む
  • マネジメントの業務に参加して実務経験を積む

エンジニアリングマネージャーやチームリーダーの方、これから目指す方は、ぜひ参考にしてください。

セミナー・研修を受講する

エンジニアがマネジメントスキルを高めるには、セミナー・研修の受講がおすすめです。

マネジメント能力向上には、実務経験とマネジメントに精通した人材からの長期的なフィードバックが欠かせません。

独学で鍛えるのは難しく、多大な時間と労力がかかってしまいます。プロの手を借りることで、短期間で挫折せずに鍛えられるでしょう。

「コミュトレのマネジメントスキルコース」では、部下の能力を最大限引き出し、チームのパフォーマンスを向上させるコミュニケーションが学べます。

技術職からマネジメント職を目指す方や、マネージャーとしてもう一歩成長したい方におすすめです。

少しでも気になった方は、下記から無料診断に申し込んでみてください。

自分の強みと課題を把握しませんか?【まずは無料診断セミナーに参加する】

マネジメントが学べる本を読む

書籍を読むことでも、エンジニアのマネジメントスキルは向上します。

以下の3冊の書籍がおすすめです。

  • IT業界の方向け:エンジニアのためのマネジメントキャリアパス
  • すべての管理職の方向け:エッセンシャル版 マネジメント 基本と原則
  • 管理職になりたての方向け:これ以上やさしく書けない プロジェクトマネジメントのトリセツ

本を読んで得た知見は、実際に使わなければ身につきません。

現在は部下のいない、これからエンジニアのマネジメントを目指す方は、同僚や後輩に試してみてください。

マネジメントの業務に参加して実務経験を積む

実際にマネジメント業務に参加して実務経験を積むことも、エンジニアがマネジメントスキルを身につける方法です。

マネジメントに必要な課題解決力やコミュニケーション能力の成長には、実務経験が欠かせないためです。

しかし、スキルが低いままでは、マネジメント業務に参加しても迷惑をかけてしまったり、そもそも参加できなかったりします。

実務に携わる前にプロから学び、成長の機会を得る方法がおすすめです。

エンジニアが最速でマネジメントスキルを身に付けるならコミュトレがおすすめ

コミュトレ

本記事では、エンジニアのマネジメントの役割や必要な能力の解説をしてきました。

エンジニアのマネジメントには、技術だけでなくマネジメントスキルやコミュニケーションスキルなど管理職としての能力も必要です。しかし、マネジメントスキルの成長には、実務経験やプロからのフィードバックが欠かせません。

「コミュトレのマネジメントスキルコース」では、エンジニアのマネジメントに必要な能力が短期間で学べます。

プロから学ぶ必要性を見極めるため、まずは、無料診断で自身のマネジメントスキルの強み・弱みを可視化してみてください。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料セミナーへ

現在、1日先着50名限定で、

伝える力の高め方

を開催しております。

好評のため、予約枠が埋まる可能性がございますので、ご興味のある方は、お早めにお申込みください。

無料セミナーに参加する

コミュトレは、ビジネスパーソン10万人のデータから仕事に必要な「スキル」を特定し、リアルなビジネスシーンを想定したトレーニングを行う【実践型ビジネススキルスクール】。全17種類ものコースがあり、新入社員から経営者まで、一人ひとりの「理想とする成長」にあわせて学習プランを提供。東京・大阪・名古屋に拠点を置き、講義はすべてオンラインで行っている。

1967年 東京都出身。 東京工科大学機械制御工学科在学中に、輸入商社のスタートアップに参加。 1996年 株式会社コミュニティネット入社。営業所長として、PCソフト及びBTOパソコンの販売、ISP、IP電話代理店など、新規事業を立ち上げる。 1999年 「日本を元気にする会社を創りたい」と株式会社アイソルートを設立(eラーニング製品の開発)。専務取締役として営業、開発、財務の各責任者を歴任。 2004年 同社代表取締役に就任。以降19年間連続黒字と最高売上高更新中。 2007年 新宿区優良企業表彰「経営革新賞」受賞。 2012年 日経トップリーダー「本当に強い中小企業ランキング」全国総合14位、IT業界2位に選出。 2024年 ダイヤモンド社から書籍『話せる、伝わる、結果が出る!コミュトレ』を発売し、紀伊國屋書店ビジネス書第1位、Amazonセールス営業本第1位を獲得。

カテゴリー: 部下・チーム マネジメントで活用できるビジネススキル
相互リンクのご依頼

当メディアでは、相互リンクのご依頼を受け付けております。

相互リンクは、記事同士の内容に関連があれば関連記事からの発リンク、そうでない場合はメディア紹介ページからの発リンクなどが可能です。

※ご提案の内容次第では、お断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

広報窓口お問い合わせフォームへ
OFFICIAL SNS
無料セミナーを予約する