ビジネススキル基礎

転職のための面接対策|よく聞かれる5つの質問や回答するコツを徹底解説!

コミュトレ編集部

 

「転職する際の面接ではどんなことを質問される?」

「前職退職理由や転職回数といった答えにくい質問に対する対応策が知りたい」

このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。

 

転職時の面接で聞かれる答えにくい質問には、質問の意図を正しく理解することが大切です。

本記事では、転職者の面接における質問とその意図、回答のポイントを解説します。

最後まで読み進めることで、面接対策の具体策が理解でき、不安が解消されるでしょう。

最短でトーク力を鍛えたい人には「コミュトレのスピーチ・プレゼンスキルコース」がおすすめです。スピーチ・プレゼンスキルコースは、人前で自信をもって話し、影響を与えることを目標としたコースです。

現在、コミュトレでは無料診断セミナーを実施しています。無料診断セミナーに参加するだけで、自分の強みや課題が理解できるコミュ力診断結果を受け取れます。

少しでも気になる方は、下記のリンクから今すぐ申し込みましょう。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断&アドバイスへ

目次

面接対策しないと危険!転職者の採用試験で懸念される2つの落とし穴

面接官の男女

新卒者と転職者の面接は、性質が大きく異なります。そのため、面接対策をしないままでは、失敗してしまう危険性が高いです。

本章では、新卒者の面接と転職者の面接の違いを説明します。

  • 新卒者の面接に比べて答えにくい鋭い質問が多い
  • 予想よりも緊張してしまいがち

面接対策をしないとなぜ危険なのかが分かるでしょう。

 

新卒者の面接に比べて答えにくい鋭い質問が多い

転職者の面接では、答えにくい鋭い質問が増える傾向にあります。例えば、退職理由についてです。

退職理由を問われて、間を置かずにポジティブな理由を述べられる人は少ないでしょう。

このように、転職者の面接には、事前に答えを考えておかなければ言葉に詰まってしまう鋭い質問が多いです。

「新卒の時は面接対策をしなくてもスラスラ答えられた」という方にも、面接対策が必要です。

 

予想よりも緊張してしまいがち

転職者の中には、「新卒時に面接の経験があるから大丈夫」と思い面接対策をしない方も多い印象があります。

しかし、答えにくい鋭い質問を受けると、どうしても緊張や不安を感じてしまいます

自分の強みを余すところなく伝えるためにも、事前練習を重視しましょう。

 

落とし穴を回避するには|事前に質問を想定し、答えを準備してくこと

転職者の面接で大切なことは、事前に質問を想定し、答えを準備しておくことです。

答えにくい鋭い質問に対しても、回答を備えておけば、本番で口ごもってしまうことも焦ってしまうこともありません。

何度も口に出して自然に話せるところまで練習しておくと、より自信をもって挑めます。

あなたの「伝える力」の課題はどこにある?【無料診断&アドバイスで、課題と解決策を知る】

 

面接の流れに沿って紹介!転職者がよく聞かれる5つの定番質問

面接をしている男性 面接官

転職時の面接対策をすると決めた方は、まず、面接の流れについて学ぶのが良いでしょう。

本章では、面接の流れを紹介します。

  • 自己紹介
  • 退職・転職の理由
  • 志望動機
  • 自己PR
  • 逆質問

各ステップでの質問の意図と、回答のポイントも解説します。

 

【転職面接質問①】自己紹介

自己紹介は、面接の冒頭で求められます。

氏名・挨拶・簡単な経歴・現職(離職者は直近の前職)を答えることが多い印象です。

 

質問の目的・意図

自己紹介は、初対面である応募者のパーソナリティーを知る目的で行われます。

履歴書や職歴経歴書を見れば分かることも聞くのは、緊張をほぐす「アイスブレイク」の役割も担っているためです。

 

回答のポイント

自己紹介における回答のポイントは、経歴について話す際に、自身の強み・スキル・今後の目標の順にアピールすることです。

簡潔に要約して話せると、良い第一印象を与えられます。

 

【転職面接質問②】退職・転職の理由

転職者の面接の流れとして、自己紹介の次に退職・転職の理由が問われる傾向が見られます。

新卒採用時にはない質問であり、ポジティブな理由であるケースが少ないため答えにくいです。対策しておきましょう。

 

質問の目的・意図

退職・転職の理由を問う目的は、「採用してもすぐに辞めてしまわないか」の確認です。

また、スラスラ答えられるほど面接対策をしているかも見ており、自社に入社したい意欲を確認する意図もあります。

 

回答のポイント

退職・転職の理由を述べる際は、ネガティブな要素をポジティブに言い換えて伝えるのがポイントです。

特に、上司への不満や人間関係のトラブル、待遇への不満を口にするのは避けた方が良いでしょう。

「また同じように辞めてしまうのでは」と思わせてしまうと、採用が難しいためです。

同じように辞めることはない、と思ってもらうためには、前向きな目標の中で選んでいるとアピールするのが良いでしょう。

 

【転職面接質問③】志望動機

話し方 プレゼン 面接

面接の流れとして、転職・退職理由を答えた後に、志望動機を問われることが多いです。

その際には、業界を選んだ理由だけでなく、「同業他社ではなくなぜ自社を選んだのか」を問われるケースが多く見られます。

 

質問の目的・意図

志望動機の強さや、自社への興味関心・理解度を把握する目的・意図があります。

それによって、企業の社風やビジョン、求める人物像とマッチする人材かを知ろうとしています。

 

回答のポイント

回答の際には、「なぜその企業でなければならないのか」「自分の経験やスキルが、そこでどう活きるのか」をアピールすると良いでしょう。

また、企業のサービス・商品についての知識を披露できれば、好印象を与えられます。

転職者の面接対策には、応募企業の研究も大切です。

 

【転職面接質問④】自己PR

自己PR後は、企業が興味を持った応募者の実績やスキル・活かせる経験については、掘り下げて聞かれます。

他にも、今までのキャリアで印象に残っている仕事・エピソードが問われることもあります。

 

質問の目的・意図

自己PR後に問われる質問の目的・意図は、主に、即戦力になるか、利益をもたらす人材かの確認です。

自己分析能力や、仕事にどう取り組む人物なのかをチェックすることもあります。

 

回答のポイント

応募した企業の、業界・職種に適したスキルや経験をピックアップして伝えることが、回答のポイントです。

業務に結び付いたスキル・経験を伝えられると、即戦力であることの強いアピールになります。

そのためにも、スキル・経験の棚卸は欠かせません。数値で示せる実績は伝わりやすいため、事前に探しておきましょう。

 

【転職面接質問⑤】逆質問

転職者の面接の最後には、「聞いておきたいことはありますか?」と問われるケースがほとんどです。

その際には、応募者から企業に自由に質問できます。

 

質問の目的・意図

逆質問の主な目的は、入社に対するミスマッチ防止や、不安の払拭です。他にも、入社意欲や熱意を把握する目的もあります。

逆質問が能力を測る目的で行われるケースは、あまり見られません。

 

回答のポイント

回答のポイントとしては、些細な疑問でも必ず何か質問することです。

具体的な質問をすることで、企業への入社意欲をアピールできます。しかし、無理に立派な内容を考えずとも熱意は十分伝わります。

入社までに学ぶべき知識や、予想される配属先について聞くのがおすすめです。

あなたの「伝える力」の課題はどこにある?【無料診断&アドバイスで、課題と解決策を知る】

 

面接当日までに準備すべきこととは?

スーツの男性 面接 準備 身だしなみ

転職者の面接対策には、回答の用意や流れの把握が大切です。

本章では、面接当日までに準備すべきことを紹介します。

  • 面接に適した身だしなみを!服装・髪型の準備
  • 面接に必要な持ち物の準備
  • 面接の時間と場所の確認

万全な事前準備により、面接官に好印象を与えられます。

 

面接に適した身だしなみを!服装・髪型の準備

服装や髪型は、第一印象を大きく左右します短い面接時間で好印象を持ってもらわなければならない転職者の面接対策では、身だしなみを整えることが非常に重要です。

清潔感はもちろん、職種や業種・社風を考慮した服装・髪型にしておきましょう。その際には、美容院やスーツ販売店で相談してみるのもおすすめです。

シャツとネクタイを明るいカラーにすると表情が明るく見える、といった手法を教えてもらえます。

 

面接に必要な持ち物の準備

面接に必要な持ち物の準備も、面接当日までに行っておいてください。

下記のチェックリストを用いて、準備を進めましょう。

  • A4サイズの書類・クリアファイルが入るバッグ
  • 応募書類のコピー(履歴書・職歴経歴書など)
  • 求人情報のコピー(募集要項)・会社案内など
  • 筆記用具
  • 腕時計
  • ハンカチ・ティッシュ

 

面接の時間と場所の確認

転職者の面接では、面接の時間と場所の確認も大切です。

面接でもっとも避けなければならないのが遅刻です。事前に場所と受付情報をチェックしておきましょう。

また、一度下見も兼ねて現地までの経路と時間を確認しておくことがおすすめです。

当日は、開始時間の10〜15分前には面接会場に到着しておき、5分前には受付を済ませられるよう行動してください。

 

入室から退室まで差をつけ続ける! 押さえておきたい面接マナー

笑顔の女性

本章では、面接当日に気をつけるべき、押さえておきたい面接マナーを紹介します。

  • 姿勢や立ち振る舞い、しぐさにまで意識を配る
  • ハキハキと丁寧に受け答えする

それぞれ詳しく解説します。

 

姿勢や立ち振る舞い、しぐさにまで意識を配る

転職者の面接では、姿勢や態度、立ち振る舞いやしぐさから、一緒に働ける人物かを見られています。

答えながらしぐさにまで意識を配るのは難しいため、事前練習が必要です。

また、話を聞く際には、面接官の話に相づちを打ったり、不明点について質問したり、興味を持って話を聞いている姿を見せることで、一緒に働きたくなる好印象を与えられます。

 

ハキハキと丁寧に受け答えする

ハキハキと丁寧に受け答えすることで、落ち着きがある印象を与え、話の内容に説得力を持たせられます。

声の大きさと、話のスピードに気をつけましょう。

対策が不十分で、コミュニケーション能力に疑問を持たれると、採用は難しくなってしまいます。

 

どうする?「答えにくい質問」への対策

本章では、答えにくい質問にどう対策すれば良いのかを紹介します。

  • 面接官の意図や質問の目的をしっかりと理解し、必要以上に不安がらないこと
  • 結論→理由→具体例の順で話す
  • 落ち着いて、ゆっくり話すこと
  • 答えにくい質問の事例

答えにくい質問は、転職者の面接に付き物です。しっかり対策しておきましょう。

 

面接官の意図や質問の目的をしっかりと理解し、必要以上に不安がらないこと

面接官の質問には、必ず目的と意図があります。「どう答えたら良いんだろう」といった不安は、質問の目的と意図を正しく理解・推測できれば解消されます。

例えば、「なぜ退職したのか」との質問に、不安を感じる人は多いです。

しかし、同じ理由ですぐに退職してしまわないかを確認するために行っている、と知っておけば、不安になることなく答えられます。

 

結論→理由→具体例の順で話す

答えにくい質問に対しては、回答の説得力が非常に重要です。

そのため、結論・理由・具体例の順で話すことを心掛けましょう。結論から先に話すと、相手は内容を理解しやすく、回答の説得力も高まるためです。

反対に、結論を後回しにすると、言いたいことが伝わらないどころか、言い訳をしているのではと思われてしまいます。

限られた面接時間で納得してもらうには、結論から話すことが大切です。

 

落ち着いて、ゆっくり話すこと

転職者の面接対策が不十分だと、答えにくい質問によって、緊張したり焦ったりして、早口になってしまうことが多いです。

余計に自信がなさそうに見えてしまうため、ゆっくり話すことを常に意識しましょう。

面接官から落ち着いて見えるうえに、自然と落ち着きを取り戻せます。

また、対策を講じていても、予想外の質問をされることはあります。その際も、落ち着いてゆっくり話すことが大切です。

 

答えにくい質問の事例

転職者の面接対策としてもっとも有効なことは、答えにくい質問への回答を用意しておくことです。

以下の、よくある答えにくい質問の事例を見て、回答を考えておきましょう。

  • 仕事で大きな失敗を経験したことはありますか?
  • 他社も受けていますか?
  • あなたの欠点や弱点を教えてください
  • 当社があなたを採用するメリットは?

ネガティブな側面をポジティブに言い換えることを意識すると、良い回答が思いつきやすいです。

 

転職に向けて面接対策に不安がある人はコミュトレの無料相談を活用しよう!

本記事では、転職者の面接対策について解説してきました。転職者の面接では、答えにくい質問に対して、的確に回答することが重要です。

そのためには、質問の意図を把握する力や、説得力を高める話法など、コミュニケーション能力を磨くと良いでしょう。

最短でトーク力を鍛えたい人には「コミュトレのスピーチ・プレゼンスキルコース」がおすすめです。スピーチ・プレゼンスキルコースは、人前で自信をもって話し、影響を与えることを目標としたコースです。

現在、コミュトレでは無料診断セミナーを実施しています。無料診断セミナーに参加するだけで、自分の強みや課題が理解できるコミュ力診断結果を受け取れます。

少しでも気になる方は、下記のリンクから今すぐ申し込みましょう。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断&アドバイスへ

コミュトレは、ビジネスパーソン10万人のデータから仕事に必要な「スキル」を特定し、リアルなビジネスシーンを想定したトレーニングを行う【実践型ビジネススキルスクール】。全17種類ものコースがあり、新入社員から経営者まで、一人ひとりの「理想とする成長」にあわせて学習プランを提供。東京・大阪・名古屋に拠点を置き、講義はすべてオンラインで行っている。

1967年 東京都出身。 東京工科大学機械制御工学科在学中に、輸入商社のスタートアップに参加。 1996年 株式会社コミュニティネット入社。営業所長として、PCソフト及びBTOパソコンの販売、ISP、IP電話代理店など、新規事業を立ち上げる。 1999年 「日本を元気にする会社を創りたい」と株式会社アイソルートを設立(eラーニング製品の開発)。専務取締役として営業、開発、財務の各責任者を歴任。 2004年 同社代表取締役に就任。以降19年間連続黒字と最高売上高更新中。 2007年 新宿区優良企業表彰「経営革新賞」受賞。 2012年 日経トップリーダー「本当に強い中小企業ランキング」全国総合14位、IT業界2位に選出。

カテゴリー: ビジネススキル基礎
相互リンクのご依頼

当メディアでは、相互リンクのご依頼を受け付けております。

相互リンクは、記事同士の内容に関連があれば関連記事からの発リンク、そうでない場合はメディア紹介ページからの発リンクなどが可能です。

※ご提案の内容次第では、お断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

広報窓口お問い合わせフォームへ
OFFICIAL SNS
お困りごとは
ありませんか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
「新・はたらき方戦略」があなたに届けたいことを、お伝えします。
知りたかった情報は得られましたか?
無料アドバイスへの参加・資料請求がお勧めです。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
無料診断&アドバイスを予約する