ビジネススキル基礎

職場の人間関係がストレスにつながる5つの原因と対処法を徹底解説

コミュトレ編集部

「職場の人間関係でどれだけストレスを受けているかチェックしたい」

「なぜ人間関係がストレスになるのか?原因や対処法を知りたい」

このような疑問を抱く方は多いでしょう。

職場の人間関係によるストレスの原因は、コミュニケーションスキルの不足によるものが多くを占めます。

本記事では、ストレスの原因以外にも、ストレスを感じやすい人の特徴や対処法、ストレスをチェックする方法を紹介します。

最短でトーク力を鍛えたい人には「コミュトレのリレーションシップコース」がおすすめです。リレーションシップコースは職場の人間関係を良好にすることを目標としたコースです。

現在、コミュトレでは無料診断セミナーを実施しています。無料診断セミナーに参加するだけで、自分の強みや課題が理解できるコミュ力診断結果を受け取れます。

少しでも気になる方は、下記のリンクから今すぐ申し込みましょう。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断&アドバイスへ

人間関係のストレス度をチェック表で診断してみよう!

職場における人間関係のストレス度をチェックするには、ネットでストレスチェック診断を受けるか、厚生労働省の「職業性ストレス簡易調査票」を用いるのが良いでしょう。

以下は、職業性ストレス調査票の質問を一部抜粋したものです。4段階で回答します。

仕事について そうだ まあそうだ ややちがう ちがう
非常にたくさんの仕事をしなければならない
職場の仕事の方針に自分の意見を反映できる
最近1か月間の状態について ほとんどなかった ときどきあった しばしばあった ほとんどいつもあった
活気がわいてくる
内心腹立たしい
あなたの周りの方々について 非常に かなり 多少 全くない
職場の同僚と気軽に話ができますか?
困った時、上司はどのくらい頼りになりますか?

引用:厚生労働省 職業性ストレス簡易調査票

 

ストレスの原因が仕事の負担にあるのか、対人関係にあるのか、具体的に分析できます。

さらに詳しく調査したい方は、下記をチェックしてください。

「厚生労働省版ストレスチェック実施プログラム」ダウンロードサイト

あなただけじゃない!職場の人間関係でストレスを感じる人は多い

令和4年に行われた厚生労働省の調査では、現在の仕事や職業生活に関することで、強い不安、悩み、ストレスを感じる労働者の割合は、82.2%です。

その内、26.2%が、対人関係がストレスの原因であると回答しています。

ストレスを抱えたまま仕事を続けていると、心身の健康を損なう可能性もあります。自身の将来のためにも、原因を知り、対策を講じることが大切です。

職場の人間関係がストレスにつながる5つの原因

職場の人間関係でストレスを感じる方は非常に多いです。

本章では、ストレスを感じた方に共通する、主な5つの原因を紹介します。

  • 自分の言いたいことが伝わらないから
  • 思ったことを自由に発言できないから
  • 人のために自分を犠牲にしているから
  • 人に期待しすぎているから
  • 人と自分を比べて劣等感を抱いているから

対策を講じるためにも、原因を知っておくことが大切です。ぜひ最後まで読み進めてください。

自分の言いたいことが伝わらないから

言いたいことが伝わらないと、「どうして分かってくれないんだ」「誤解されてしまった」と、怒りや不安を感じてしまいます。

特に、信頼関係を構築していた上司や同僚、家族・友人に伝わらない際に、大きなストレスが発生します。

考えを正確に伝えるには、コミュニケーションスキルが欠かせません。

自分の言いたいことが伝わらないストレスを頻繁に感じる方は、コミュニケーションスキルを鍛えるのが良いでしょう

思ったことを自由に発言できないから

思ったことを自由に発言できない状況とは、我慢を強いられている状態ともいえます。

そのような状況が続くと不満や不公平感がつのり、ストレスを感じてしまうでしょう。

限界まで我慢して爆発する可能性もあるので、思ったことはこまめに発言するのがおすすめです。

しかし、自由に発言できない背景には、パワハラによって相手への恐怖心が芽生えているケースあります。

恐怖を感じる相手に、発言することは難しいです。

恐怖心によるストレスは、心身に大きな不調をもたらすため、自身の将来を考え距離を取ることも考えてください。

人のために自分を犠牲にしているから

相手に嫌われたくない、認めてもらいたい、といった気持ちが強い方は、自分の限界を超えるまで仕事を引き受けてしまう傾向があります。

自分を犠牲にして働いてしまうことも、職場でストレスを感じる大きな要因です。

仕事量とストレスは密接な関係があります。厚生労働省の調査では、仕事でストレスを抱えている方の内、原因が仕事量であると回答した方が最も多いです。

無理な仕事は断り、できる範囲で働くことが大切です。

人に期待しすぎているから

「普通はこれくらいする」「自分ならするのに、なぜしてくれないんだ?」と考える方は、人に期待しすぎている傾向があります。

期待が大きければ大きいほど、その通りにならなかった時の落胆は大きいです。その考え方では、頻繁にストレスを感じてしまうでしょう。

また、相手が思い通りに動いてくれなかったと感じると、責める気持ちも生まれやすいです。人間関係がこじれる原因にもなります。

見返りは基本的にないものと考え、人に期待しすぎないよう心がけましょう。

人と自分を比べて劣等感を抱いているから

人と自分を比較する際、人の良いところと自分の悪いところを見てしまう人は多いです。劣等感を抱いてしまうと、自己嫌悪に陥り、多大なストレスを感じます。

競争心は成長のために必要ですが、劣等感を抱くのであれば比べない方が良いでしょう。

また、劣等感は自己有用感の喪失に繋がります自己有用感とは、「属する集団の中で、自分がどれだけ大切であるか認識する」ことです。

喪失すると「居場所がない」「迷惑になっているかも」と感じやすくなり、強いストレスにつながります。

あなたの「伝える力」の課題はどこにある?【無料診断&アドバイスで、課題と解決策を知る】

職場の人間関係でストレスを感じたときの対処法3選

職場の人間関係のストレスの原因は、コミュニケーションが上手く取れないもどかしさや、周囲への期待・恐れなど感情によるものが多いです。

本章では、そのようなことが原因でストレスを感じた際の対処法を、3つ紹介します。

  • ストレスの原因から距離を取る
  • 周りの人に打ち明ける
  • 自分の行動や考えも見直してみる

詳しく解説するので、ストレス対策に活用してください。

ストレスの原因から距離を取る

ストレスの対処法として、原因から距離を取ることが挙げられます。

特に、どうしても比べてしまう人がいる場合や、パワハラによる恐怖を感じている場合に効果的です。

そういった人と関わりがある限り、ストレスは軽減されません。

毎日会う必要があり、物理的に距離を取るのが難しい場合は、興味関心を持たないなど、心の距離を取って対応しましょう

周りの人に打ち明ける

周囲に打ち明けることも、ストレスの対処法として有効です。悩みを口に出すことで、問題解決の糸口が見つかる可能性もあります。

特に、パワハラなど一人での解決が難しいケースは、周囲への相談が必須です。異動や配置転換を申し出ましょう。

友人や同僚に話しづらいことや相談できる相手がいない場合は、公共の相談窓口を活用するのがおすすめです。

自分の行動や考えも見直してみる

有効なストレス対処法として、自分の行動や考えを見直してみることも挙げられます。

他人を変えることは容易ではありません。しかし、自分を変えてみるのは簡単です。

例えば、嫉妬心を抱く相手と接する際には、優れている点を素直に認めて「学ばせてもらおう」といったポジティブな気持ちで接してみましょう。

相手にネガティブな感情を抱いているためにストレスを感じるケースは多いので、ぜひ試してみてください。

あなたの「伝える力」の課題はどこにある?【無料診断&アドバイスで、課題と解決策を知る】

人間関係でストレスを感じやすい人の特徴

自身の考え方や対応次第で、人間関係で生じるストレスは軽減できます。

そこで、本章では、人間関係でストレスを感じやすい人の特徴を5つ紹介します。

  • 気が弱く、思ったことを口に出せない
  • 人からの評価が気になる
  • 視野がせまい
  • 気分を切り替えるのが苦手
  • 生まれつきストレスを感じやすい気質を持つ人も

把握しておくことで、見直すべき自身の行動や考えが分かります。

気が弱く、思ったことを口に出せない

気が弱い人は、相手に気圧されたり口論になるのを避けたりするため、思ったことを口に出せない傾向があります。

我慢を続けることで不満や不平感がつのり、ストレスを感じます

時々でも良いので思ったことを口に出したり、悩みを誰かに相談したりすることが大切です。

人からの評価が気になる

他者からの評価を気にしすぎる人は、本音を話すことを恐れる傾向があります。

そのような方はストレスを抱えやすく、自己有用感も喪失しやすいです。

「他人の迷惑になっていないか気になる」「居場所がないように感じられる」といった方は、人からの評価を気にしないよう心がけてください

視野がせまい

視野がせまいと、周囲の考え方や意見を受け入れにくいです。そのため、対人関係に摩擦が生じやすく、ストレスを感じます

物事が自分の思うように進まない、と感じる方は視野がせまい可能性が高いです。

周囲の意見に耳を傾けてみると衝突する回数も減り、ストレスも緩和されます。

気分を切り替えるのが苦手

気分を切り替えるのが苦手だと、ストレスからなかなか立ち直れません。

気分を上手く切り替えられる人は、自己効力感が高いです。自己効力感とは、「自分の可能性を自分自身で認知できている」ことです。

ポジティブな思考を心がけることで自己効力感は高まり、自然とストレスから立ち直れます。

生まれつきストレスを感じやすい気質を持つ人も

ストレスを感じやすい人の中には、「HSP」と呼ばれる気質を持つ人もいます。

HSPとは、視覚や聴覚などの感覚が敏感かつ感受性が豊かで、周囲から刺激を受けやすい人」のことです。

HSPの方は、自分が敏感になりやすい人・物事を把握し、距離を取るなどの対策を講じましょう。

職場の人間関係でストレスを抱えないための予防策は?

本章では、職場の人間関係でストレスを抱えないための予防策を4つ紹介します。

  • 自分は自分と割り切ること
  • 客観的な視点も持つこと
  • 人に期待しすぎないこと
  • 何でも相談できる人を見つけておくこと

職場で実践する際の参考にしてください。

自分は自分と割り切ること

職場の人間関係でストレスを抱えない予防策として、自分は自分と割り切ることが挙げられます。

人からの評価ばかりを気にしていると、本音を話すことが難しくなったり、自信を喪失してしまったりするためです。

人と比較して劣っている点にとらわれず、自分の長所を大事にして成長しましょう。

客観的な視点も持つこと

ネガティブな感情を持っていると、相手が普通の対応でも「いつも提案が却下される」「嫌味を言われた」と思い込んでしまいます。

客観的な視点を持つことで、感じる必要のないストレスの予防が可能です。

また、円滑なコミュニケーションにも役立ちます。意見の衝突が抑えられ、ストレスが軽減されるでしょう。

人に期待しすぎないこと

人に期待しすぎないことも、ストレスの予防策として大切です。少しのミスも許せなくなり、イライラがつのってしまうためです。

特に、完璧主義の人は「自分ならやっているのに」と、他人にも完璧を求めてしまう傾向があります。

他人のミスでストレスを感じてしまう人は、受け流すことを心がけてください。

何でも相談できる人を見つけておくこと

相談できる人を見つけることは、最大のストレス予防策といえます。

身近に相談相手がいない場合や、悩みを相談しづらい場合は、カウンセラーやキャリア相談員に相談したり、コミュトレの無料相談を活用したりするのがおすすめです。

最短でトーク力を鍛えたい人には「コミュトレのリレーションシップコース」がおすすめです。リレーションシップコースは職場の人間関係を良好にすることを目標としたコースです。

現在、コミュトレでは無料診断セミナーを実施しています。無料診断セミナーに参加するだけで、自分の強みや課題が理解できるコミュ力診断結果を受け取れます。

少しでも気になる方は、下記のリンクから今すぐ申し込みましょう。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断&アドバイスへ

吐き気や肩こりの原因はストレスかも?職場の人間関係に悩んだときに現れやすい症状

職場の人間関係によるストレス状態が続くことが原因で、「ストレス反応」と呼ばれる身体症状が現れます

以下は、ストレス反応の主な症状です。

  • 全身症状:疲れやすい、全身がだるい
  • 筋肉系症状:手足がだるい、偏頭痛
  • 感覚器系症状:目の疲れ、めまい
  • 睡眠障害:入眠困難、中途覚醒
  • 循環器系症状:動機、息切れ
  • 消化器系症状:食欲不振、胃の不快感

上記の症状や、吐き気・肩こりが酷い方は、ストレスへの早急な対策が必要です。

職場の人間関係でストレスが限界を超える前に!コミュトレの無料相談へ

本記事では、職場の人間関係でストレスを感じる原因や、対処法を解説してきました。

ストレスを軽減するためには、一人で抱え込まず誰かに相談したり、ポジティブな思考や上手なコミュニケーションを身につけたりすることが大切です。

最短でトーク力を鍛えたい人には「コミュトレのリレーションシップコース」がおすすめです。リレーションシップコースは職場の人間関係を良好にすることを目標としたコースです。

現在、コミュトレでは無料診断セミナーを実施しています。無料診断セミナーに参加するだけで、自分の強みや課題が理解できるコミュ力診断結果を受け取れます。

少しでも気になる方は、下記のリンクから今すぐ申し込みましょう。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料診断&アドバイスへ

 

コミュトレは、ビジネスパーソン10万人のデータから仕事に必要な「スキル」を特定し、リアルなビジネスシーンを想定したトレーニングを行う【実践型ビジネススキルスクール】。全17種類ものコースがあり、新入社員から経営者まで、一人ひとりの「理想とする成長」にあわせて学習プランを提供。東京・大阪・名古屋に拠点を置き、講義はすべてオンラインで行っている。

1967年 東京都出身。 東京工科大学機械制御工学科在学中に、輸入商社のスタートアップに参加。 1996年 株式会社コミュニティネット入社。営業所長として、PCソフト及びBTOパソコンの販売、ISP、IP電話代理店など、新規事業を立ち上げる。 1999年 「日本を元気にする会社を創りたい」と株式会社アイソルートを設立(eラーニング製品の開発)。専務取締役として営業、開発、財務の各責任者を歴任。 2004年 同社代表取締役に就任。以降19年間連続黒字と最高売上高更新中。 2007年 新宿区優良企業表彰「経営革新賞」受賞。 2012年 日経トップリーダー「本当に強い中小企業ランキング」全国総合14位、IT業界2位に選出。

カテゴリー: ビジネススキル基礎
相互リンクのご依頼

当メディアでは、相互リンクのご依頼を受け付けております。

相互リンクは、記事同士の内容に関連があれば関連記事からの発リンク、そうでない場合はメディア紹介ページからの発リンクなどが可能です。

※ご提案の内容次第では、お断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

広報窓口お問い合わせフォームへ
OFFICIAL SNS
お困りごとは
ありませんか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
「新・はたらき方戦略」があなたに届けたいことを、お伝えします。
知りたかった情報は得られましたか?
無料アドバイスへの参加・資料請求がお勧めです。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
知りたかった情報は得られましたか?
ご利用ありがとうございます。興味のある項目を選択してください。
申し訳ありません。ご質問はお問合せでも受け付けております。ぜひご活用ください。
無料診断&アドバイスを予約する