ビジネススキル基礎

苦手な人とのコミュニケーションで悩んでいる方必見! おすすめの3つの対処法と原因

コミュトレ編集部

「職場でなんとなく苦手な人ができるのはなぜ?」

「苦手な人とのコミュニケーション法が知りたい」

このような疑問をお持ちの方も多いでしょう。

職場で苦手な人ができてしまう原因は、相手の悪い態度やお互いの価値観の違いがあります。本記事では、苦手な人とのコミュニケーションで悩んでいる方のために、苦手になってしまう原因や対処法を紹介します。

苦手な人に対するNGな対応も紹介するため、今後のコミュニケーションに役立ててください。

また、苦手な人とも、職場ではコミュニケーションをとらなければいけません。対応をあらためてほしいと伝えたり、気持ちを整理して接したりするには、ある程度のコミュニケーション力が必要です。

不足を感じる方は、具体的にどのコミュニケーション能力が、どの程度足りないのかを知っておくのがよいでしょう。

コミュトレ」の自己診断&アドバイスに申し込むと、自分の強みや課題が把握でき、それに合わせた練習方法が載った6大特典も得られます。ぜひ、一度ご検討ください。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料セミナーへ

なぜ苦手な人ができてしまう? 職場で考えられる5つの原因

本章では、なぜ苦手な人ができてしまうのか、考えられる主な5つの原因を紹介します。

  • 態度が高圧的なことが多い
  • 理不尽に仕事を押し付けられる
  • 評価を正当に行ってくれない
  • 価値観に大きな違いがある
  • ミスにより自分の業務が増えてしまう

「なんとなく苦手な人」ではなく、なぜ苦手なのかを理解すると解決の目処も立ちます。ぜひ最後までお読みください。

態度が高圧的なことが多い

苦手な人ができてしまう原因として、相手の態度が高圧的で横柄な点が挙げられます。高圧的な態度に、嫌味やプレッシャーを感じてしまうためです。

特に、言動や態度を正面から受け止める真面目な方や共感性が高い方は、強い苦手意識を感じるでしょう。

また、高圧的な態度は他人を見下している人や、気遣う気持ちがない人によく見られます。そのような人に苦手意識を感じてしまうのも、無理はありません。

「相性が悪いだけ」と考えて、必要以上に気にし過ぎないようにしましょう。

理不尽に仕事を押し付けられる

理不尽に仕事を押し付けられることも、職場で苦手な人ができてしまう原因です。人間を含む動物は、「味方」か「敵」かを本能的に判断します。

そのため、嫌なことを押し付けられていると、自然に「敵」と判断して苦手になってしまいます。

また、理不尽な仕打ちによって「嫌われているのでは?」と感じることも、苦手意識を持つ理由です。

仕事を押し付けられているのが自分の思い込みのケースや、相手に別の意図が存在するケースもあります。周囲の人にそれとなく聞いてみるのがおすすめです。今後、フォローしてくれる可能性も上がるでしょう。

評価を正当に行ってくれない

職場で苦手な人ができてしまう原因として、評価を正当に行ってくれない点も挙げられます。「この人の下で頑張っても無駄だ」「この人のために動きたくない」と思ってしまうためです。

自分の仕事の成果や態度に不足がない場合は、第三者に相談してみてください。

また、仕事以外でも「ありがとう」と口にしない人に対しても、そのような感情を抱いてしまいがちです。その場合は、お礼が習慣化されていないだけの可能性があります。「お礼があるとうれしい」と伝えると、改善に期待できます。

価値観に大きな違いがある

価値観に大きな違いがあることも、職場で苦手な人ができてしまう原因です。価値観が異なると、嫌いになることはなくとも、一緒にいる時間が苦痛に感じられてしまうためです。

特に、価値観に溝ができる原因として、ジェネレーションギャップが挙げられます。

相手も良かれと思って行動しているため、直接指摘しづらいケースもあるでしょう。周りの人に、それとなく伝えてもらうのがおすすめです。

また、相手を変えるのは難しい一方、自分を変えるのは簡単です。価値観が合わないことが苦しい場合は、自分から歩み寄ってみてください。

ミスにより自分の業務が増えてしまう

職場で苦手な人ができてしまう原因として、ミスによって自分の業務が増えているケースも考えられます。悪気がない場合でも、継続的に行われるとイライラがつのってしまうためです。

理不尽に仕事を押し付けられた時と同様に、本能的に「敵」と判断している可能性もあります。

また、能力の低さを理由に苦手意識を持っている場合は、相手の向上心や努力が見えないことも原因の1つです。上司に相談したり、コミュニケーションをとってやる気を引き出したりしてあげると、イライラもなくなるでしょう。

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

苦手な人とコミュニケーションでおすすめの方法3選

ここまで、なんとなく苦手な人がなぜできるのかを解説してきました。本章では、そのような苦手な人との、おすすめのコミュニケーション方法を3つ紹介します。

  • 自分は明るく礼儀正しく接する
  • 必要最低限の会話のみ行う
  • コミュニケーション能力を向上させる

理由も解説するので、ぜひ取り入れてみてください。

自分は明るく礼儀正しく接する

苦手な人とのコミュニケーションでは、明るく礼儀正しく接しましょう。連絡事項がきちんと伝わる上に、問題が発生した場合に自分の正当性を証明できるためです。

「嫌いだから笑顔で接したくない」「礼儀を尽くしたくない」との気持ちがあっても、明るく礼儀正しい態度が大切です。

また、自分が不機嫌に接しているため、相手の態度も悪くなっているケースもあります。その場合は、明るく礼儀正しく接すれば、相手の態度も軟化するでしょう。

必要最低限の会話のみ行う

必要最低限の会話のみ行うことも、苦手な人とのコミュニケーションには大切です。無理に話していては、心身の調子を崩してしまうためです。

苦手になってしまった原因が解決できないままであれば、親しくなろうとする行動は控えた方がよいでしょう。

報連相など、仕事上求められるコミュニケーションだけは欠かさず行い、他ではなるべく関わらないのがおすすめです。相手から積極的に話してくる場合は、第三者に相談してみてください。

コミュニケーション能力を向上させる

コミュニケーション能力を向上させることも、苦手な人との関わり方の1つです。相手を苦手に思ってしまう主な原因は、「相手の言動・態度が理不尽」「価値観が違う」ことです。

コミュニケーション能力が向上すると、割り切って考えられたり、原因を解決できたりします

なぜなら、相手を傷つけずに自分の気持ちを伝える力や、お互いの考えの妥協点を見つける力が身につくためです。

現状で、そのためのコミュニケーション能力がないと感じる方は、「コミュトレ」の無料診断を受けてみてください。苦手な人とも良好なコミュニケーションを取るために、自身になにが足りないのかがわかります。

ぜひ、下記から申し込んでみてください。

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

苦手な人とコミュニケーションする際の考え方とは?

本章では、苦手な人ともコミュニケーションを行う際におすすめの、3つの考え方を紹介します。

  • 苦手な感情は普通と考える
  • 反面教師にする
  • 自分中心に物事を考える

今後付き合って行くために、また自分が同じにならないために、参考にしてください。

苦手な感情は普通と考える

苦手な人とコミュニケーションする際には、苦手な感情は普通と考えるとよいでしょう。

集団心理には、「2・6・2の法則」があてはまります。どのような人でも20%の人に好かれ、60%の人には好きでも嫌いでもなく、残る20%の人からは嫌われる法則です。

そのため、苦手な人がいるのは当然です。「同じ職場なんだから苦手意識を抱いてはいけない」と、考える必要はありません。

反対に、自分が嫌われている場合も同様です。30人いる職場では、「6人に嫌われていても当然」と考えてみましょう。

反面教師にする

反面教師として見ることも、苦手な人とコミュニケーションする際には大切です。「自身が気を付けられる」「今後コミュニケーションがとりやすくなる」の、2つのメリットが得られるためです。

どのような態度・対応が、相手に悪い印象を与えるのかを見つけることで、自分のコミュニケーション能力が向上します。

特に、「2・6・2の法則」があてはまらず大勢から苦手と思われる方には、なんらかの原因があります。

なぜ苦手と思われるのかを、考えながら接してみましょう。また、原因を見つけると、気にならなくなることもあります。ぜひやってみてください。

自分中心に物事を考える

苦手な人とコミュニケーションする際には、自分中心に物事を考えることも大切です。身近に苦手な人がいると、相手が思考や行動の中心になってしまうことがあります。

また、「カラーバス効果」といわれる、意識するほど行動が目につく心理現象もあります。

それでは、気持ちや心配がつのり、心身が疲弊してしまうでしょう。

「なぜあんな言動をするのか」「もっとこうしてくれたらいい」と考えても、相手は変わりません。自分中心に考えて、やりたいように行動してみてください。

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

苦手な人とのコミュニケーションにおけるNG行為3選

本章では、苦手な人とのコミュニケーションする際の、NG行為を3つ紹介します。

  • 仕返しや嫌がらせ行為をする
  • 陰で悪口をいう
  • 無視する

ついついやってしまいがちな行為なので、職場でしてしまわないように、ぜひ覚えておいてください。

仕返しや嫌がらせ行為をする

苦手な人とコミュニケーションする際のNG行為には、仕返しや嫌がらせがあります。争っている状態は周囲から見て不快であり、職場全体のマイナスにもなるためです。

また、仕返しや嫌がらせを行えば、相手と同じかあなたの方が悪いと周囲から判断されます。

問題が大きくなった場合には、処罰の対象になってしまうでしょう。自分にとってマイナスしかないため、仕返しや嫌がらせをしてはいけません。

陰で悪口をいう

陰で悪口をいうことも、苦手な人とコミュニケーションする際のNG行為です。悪口をいうのは、嫌われやすい人の特徴です。つい口にしただけでも、評判を落としてしまうでしょう。

また、陰口や悪口は人から人へ伝わっていきます。本人の耳に入ると、傷つけてしまうのはもちろんのこと、ハラスメントとして通報されて悪者になってしまいます。

陰で悪口をいわずともスッキリできるように、ストレス発散法を見つけておきましょう。

無視する

苦手な人とのコミュニケーションでのNG行為として、無視も挙げられます。無視していると、同じ仕事をする際に協力を得られなくなります。

苦手な人と仲良くする必要こそありませんが、同じ職場の人間として、ある程度の協力関係は保っておきましょう

社会人としての振る舞いを心がけてください。

また、冷たい対応は、周囲に不快感を与えます。嫌われる原因にもなるため、苦手な相手な時ほど、丁寧な言葉遣いを意識するのがおすすめです。

会議・人前・説明のストレスが9割消える!【まずは無料セミナーに参加する】

職場で苦手と思われる人の特徴とは?

本章では、職場で苦手と思われる人の特徴を2つ紹介します。

  • 人によって態度を変える人
  • 空気が読めない人

自身があてはまる場合は、ぜひ参考にして変えていってください。

人によって態度を変える人

職場で苦手と思われる人の特徴として、人によって態度を変える点があります。自分にとって利益のある相手にだけよい顔をしている人を、信頼する人はいません。むしろ不信感を抱き、苦手に感じてしまうでしょう。

しかし、社会人として上司には礼儀正しく、部下には毅然と接する必要もあります。

人によって態度を変えていると思われないためには、部下全員に公平に接し、自分の利益にならない人にも感謝を忘れない態度が大切です。

空気が読めない人

空気が読めない人も、職場で苦手と思われる人の特徴です。職場で空気が読めないとは、他人の状況を考えずに自分本位な言動をとることを指します。

たとえば、「急いでいる人にどうでもよいことで話しかける」「忙しい人に協力をあおぐ」などです。

話しかけたり頼んだりする際には、相手の手が空いているのか、確かめてからにしましょう。「お忙しいところすみません」をつけるだけでも、与える印象は大きく異なります。

苦手な人とのコミュニケーションに悩んだらプロに相談

コミュトレ

本記事では職場で苦手な人ができる原因や、コミュニケーションのポイントを解説しました。

苦手な人ができる主な原因は、相手の態度や価値観の違い、理不尽な振る舞いなどです。歩み寄りや相談で解消できるケースもありますが、職場に苦手な人がいるのは、当然のことでもあります。

そのため、仕事に支障がでない程度には、苦手な人ともコミュニケーションをとっていかなければいけません

どう対応すればよいのかわからない方には、「コミュトレ」がおすすめです。

プロに相談できるのはもちろんのこと、無料診断によって自身のコミュニケーションの強み・課題が把握できます。これからの自分がとるべきコミュニケーションがわかるため、ぜひ申し込んでみてください。

実社会で活きる伝える力を実践形式のトレーニングで身に付ける

コミュトレは、 10万人のビジネスパーソンのデータ から、仕事で必要なスキルを特定。リアルな実務シーンを想定したトレーニング環境を実現させた、 実践型のビジネススキルスクール です。

あなたの 伝える力 の課題はどこにある?
まずは無料セミナーへ

現在、1日先着50名限定で、

伝える力の高め方

を開催しております。

好評のため、予約枠が埋まる可能性がございますので、ご興味のある方は、お早めにお申込みください。

無料セミナーに参加する

コミュトレは、ビジネスパーソン10万人のデータから仕事に必要な「スキル」を特定し、リアルなビジネスシーンを想定したトレーニングを行う【実践型ビジネススキルスクール】。全17種類ものコースがあり、新入社員から経営者まで、一人ひとりの「理想とする成長」にあわせて学習プランを提供。東京・大阪・名古屋に拠点を置き、講義はすべてオンラインで行っている。

1967年 東京都出身。 東京工科大学機械制御工学科在学中に、輸入商社のスタートアップに参加。 1996年 株式会社コミュニティネット入社。営業所長として、PCソフト及びBTOパソコンの販売、ISP、IP電話代理店など、新規事業を立ち上げる。 1999年 「日本を元気にする会社を創りたい」と株式会社アイソルートを設立(eラーニング製品の開発)。専務取締役として営業、開発、財務の各責任者を歴任。 2004年 同社代表取締役に就任。以降19年間連続黒字と最高売上高更新中。 2007年 新宿区優良企業表彰「経営革新賞」受賞。 2012年 日経トップリーダー「本当に強い中小企業ランキング」全国総合14位、IT業界2位に選出。 2024年 ダイヤモンド社から書籍『話せる、伝わる、結果が出る!コミュトレ』を発売し、紀伊國屋書店ビジネス書第1位、Amazonセールス営業本第1位を獲得。

カテゴリー: ビジネススキル基礎
相互リンクのご依頼

当メディアでは、相互リンクのご依頼を受け付けております。

相互リンクは、記事同士の内容に関連があれば関連記事からの発リンク、そうでない場合はメディア紹介ページからの発リンクなどが可能です。

※ご提案の内容次第では、お断りさせていただく場合もございます。予めご了承ください。

広報窓口お問い合わせフォームへ
OFFICIAL SNS
無料セミナーを予約する